筋トレで僧帽筋を鍛えると肩こりがなくなってしかも毎月2万円浮いた

こんにちわ、まったくの初心者から筋トレを始めて筋トレのメリットを感じまくってるライオンの中の人です。

僕は肩こりがひどくて週2回マッサージに行ってました。1回3000円なので月2万4千円ですね。そのくらい肩こりがひどかったんです。

あるきっかけから、筋トレにはまりました。月5000円でジムに通い始めました。この時は肩こりとの関係なんて考えていませんでした。

しかし結果、いつの間にかマッサージに通うことはなくなっていました!実は僧帽筋(そうぼうきん)という場所を鍛えているとき、めっちゃ気持ち良かったんです。僧帽筋は、肩こりが起こる場所と言われています。

凝り固まってる僧帽筋が、筋トレによって筋繊維がぶちぶちと引きちぎられている感覚でした。いやもうたまらないくらい気持ちよくて、ずっと僧帽筋を鍛えていたいくらいです。

結果、肩こりも解消していました。だからマッサージにも行かなくなりました。月5千円でジムに行き、月2万4千円のマッサージ代が浮いちゃいました。

間違いなく、僧帽筋の筋トレの効果が大きいです。ジムに行ったらわずか30分から1時間ほどでできる、肩こりを一気に解消できる魔法のような筋トレを紹介します!

筋トレで僧帽筋を鍛えると肩こりがなくなってしかも毎月2万円浮いた

肩こりがなくなってマッサージ代も浮くと考えたらお得でしかありませんよね。ジムに行ったら他の筋トレもついでにできるので、良いことばかりですよ。

僧帽筋とはどこか

まず僧帽筋の場所を確認しましょう。背中の真ん中から肩に伸びている筋肉です。肩凝った時押したら気持ち良い背中の部分ですね。


背中に肩甲骨という上部に少し出ている骨がありますよね。そこを中央に寄せたり、腕を後ろに引くときにそこの筋肉が使われます。しかし腕を使って筋トレを行ってしまうと、僧帽筋にうまく刺激が入りません。

筋トレ中は常に僧帽筋を意識して行いましょう。

凝り固まった筋繊維がブチブチちぎれていく感覚がとても気持ち良い!シーテッドロウ

動画でどんな筋トレか確認してください。

ポイントは、腕で引かずに肩甲骨寄せながら下げることで腕も持ってくるといった感じです。

腕が1番後ろまで下がったとき、僧帽筋に効いているのがよくわかる所があると思います。そこで5秒から10秒止めてみると、肩が凝っているとかなり気持よいですよ。

続けていって筋肉がつけば、本当に肩こりがなくなっています。ぶっちゃけ始めてしばらくはこれだけでOKです!

ちょっと慣れてきたらこれ!ベントオーバーローイング

こちらも動画で確認してください。詳しく説明もされてます。

これもコツはシーテッドロウと同じで、腕で引かず、肩甲骨を寄せることで自然に腕とシャフトが引き寄せられるようにすることです。

背中の筋トレは意識が間違えば腕に負担がいってしまい筋肉が鍛えられません。肩甲骨をしっかり引き寄せて、僧帽筋に負荷がかかっていることをしっかり確認しながら行いましょう。

ショルダーシュラッグ

こちらは上で紹介したベントオーバーローイングより少し簡単なので、余裕があったら挑戦したら良いと思います。しっかりと僧帽筋を意識するようにしましょう。

肩こりの人が筋トレをする時の注意点

肩こりを解消しようと筋トレを始める方の注意点です。筋トレはうまく行えばかなりの効果を発揮しますが、間違えて怪我をしてしまったら元も子もないので、筋トレの基礎知識は覚えておきましょう。

同じ部位の筋トレは毎日しなくて良い!

例えば肩こりのために僧帽筋の筋トレを始めた方なら、毎日僧帽筋の筋トレばっかりするのは逆によくありません。

筋トレというのは、筋肉に負荷をかけて筋繊維をちぎっています。そのためん、筋トレをした後というのは筋繊維がちぎれているのです。

筋繊維が元に戻る過程で筋肉は強くなるのですが、その筋繊維が元に戻るのに2日から3日はかかります。そのため、1度僧帽筋の筋トレをしたら次にするのは2日から3日後でOKということです。

同じ箇所を毎日筋トレしていると、元に戻ろうとしている筋繊維をまたちぎってしまうことにもなり、筋トレの効果がでないどころか怪我のもとになるので注意をしましょう。

体の不調は食と睡眠から

僧帽筋の筋トレで、肩こりはかなり解消されます。しかし、基本的に体の不調は食と睡眠からです。

筋トレをしているからといって過信せず、デスクワークならたまに体を動かす、睡眠時間をしっかりとる、栄養をとるなど、日常生活も見直していきましょう。

最後に:僧帽筋の筋トレが肩こりには最適!

実際にやってみるとわかりますが、筋トレが気持ち良いなんて感覚は初めてでした。本当に、凝り固まった筋肉がブチブチーっとちぎれていく感覚です。

最初は少し目当ての場所を上手に鍛えることが難しいかもしれませんが、慣れてきたら気持ちよすぎてやめられません。

是非挑戦してみてください。

記事は以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

英語と筋トレとプログラミングとツイッターに命かけてます。「俺はライオンやで」の中の人です。 まったくの初心者が英語が話せるようになって筋肉がついて、プログラマーとして就職できるブログです。 プロフィール記事に詳細書いてるので詳しくはそちら。 写真はそのうち貼ります